水道工事につながるその他の不具合

水周り設備の故障にはいろいろあります。さまざまな設備で一番多いのが水漏れです。上水側の配管からの水漏れは簡単な水道工事で済む場合がほとんどです。目視によって確認できるため水漏れの存在に気がつくのが早いのも特徴です。この場合コスト面に対する不安もそれほど心配する必要はありません。しかし、そのほかの故障や不具合においては細心の注意が必要なものがあります。

■給湯器の故障

給湯器の故障で怖いのが不完全燃焼です。不完全燃焼とは酸素が不十分であることによって一酸化炭素が発生する燃焼です。一酸化炭素は臭いがないため気がつきにくく厄介な気体です。不完全燃焼が起きていないか確認するには炎の色を見る必要があります。完全燃焼の炎は青く、不完全燃焼の炎はオレンジ色です。もし、オレンジ色の炎を確認したらすぐに使用をやめ給湯器メーカーへ連絡しなくてはなりません。絶対に使用を続けてはいけません。原因としては換気が不十分であることが多く換気することによって炎の色が青くなる場合があります。しかし給湯機能自体の不具合もあります。お湯に空気が多く含まれていたりすると給湯器内の配管で亀裂が入っているかもしれません。この場合も自己判断せずメーカーへ連絡してください。

■漏水による漏電

上水側の漏水においてはそれほど深刻な不具合を心配する必要はあまりありません。それは水漏れ箇所が目視によって発見しやすく素早い対処が可能だからです。水周り設備内での漏水が起きた場合は目視では確認できませんが、電気を使用している設備であれば水漏れが電気系統に触れないような設計になっているはずです。もし水漏れが発生してもエラー表示がされるようになっています。エラー表示はアルファベットや数字標記であることが多いのでしっかり番号を確認し業者へ伝えるようにしましょう。二階にトイレなどの水周り設備がある住宅では上水配管からの水漏れだけではなく、排水管からの水漏れにも注意が必要です。住宅内の壁の中を走っている電気配線は金属むき出しの状態ではありませんが、ねずみが出る住宅では対策が必要です。ねずみはいろいろな所をかじります。それは電気配線も例外ではありません。絶縁体の部分をねずみがかじり配線の金属の部分がむき出しになっているとそこに漏水の水分が触れ漏電に繋がるかもしれません。壁の中の点検は難しいので、予防策としてはねずみの駆除をするしかありません。

■まとめ
水道工事が必要になる故障や不具合にはさまざまな原因とそれに対する対処法があります。面倒くさがらず予防策を取ることが大きな出費を招く事態に陥らないためにも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ