水道 修理から水道工事まで

水道工事と呼ばれているものにはさまざまなものがあります。建築物内部における水道工事でも上水側と下水側に分けられます。マンションやビルにおける水を高層へ送るには水圧が十分ではないため屋上などに貯水タンクを備えてポンプで送り、そこに一度ためてから下階へ送っています。一般住宅ではタンクなどはめったにありません。通常の水圧で十分な勢いを伴って出てきます。そんな一般住宅においての水道 修理は珍しいものではありません。一番多いのが水漏れです。水漏れの原因はさまざまですが、修理に留まらず大きな工事に発展する場合があります。

■排水管の水漏れ

水道工事に発展する不具合で大変なのが排水管からの水漏れです。排水管の大部分が床下を這っているため発見が遅れることが少なくありません。遅れれば遅れるほど住宅の基盤への被害が大きくなります。それは、木材が漏れた水を吸って腐ってしまうことです。排水にはさまざまなものが混ざっており、木を腐食させるバクテリアの栄養分が豊富なため腐敗を早めてしまいます。水漏れに気がついたときには入れ替えなければならない箇所が多く工事が大掛かりになってしまうことがあります。それを防ぐには定期的な点検が必要です。床下の点検には点検口を開けて覗いたり実際に床下にもぐって確認したりと手間と時間がかかります。ですが、この手間を省いたばかりに後の祭りになってしまっては元も子もありません。臭いや音といった水漏れの気配を感じづらい場所なので点検のみが有効な手段です。

■寒冷地における水道 修理

北海道などの寒冷地での水道工事で多いのが凍結によるものです。冬になると北海道ではよく水を落とすということを行います。住宅内部の配管が冷やされて中の水が凍ることで膨張し管が破裂します。それを避けるために住宅内への水を止め地中深くの位置まで水を落とすのです。現在の住宅は気密性が高く昔に比べて冬でも暖かいですが、昔の住宅では今ほど暖かくなく頻繁に凍結が起きていました。現在でも寒波が訪れるとテレビで水道凍結注意のテロップが流れます。そうなると、夜は水を落としてから寝ます。ここで注意が必要なのはただ元栓を締めればいいというわけではありません。元栓を締めるだけだと住宅内の配管内部に水が残ります。蛇口を開けたりトイレのタンクを空にしたりしなくてはなりません。また給湯器内の水抜きも必要です。給湯器内で凍結させると故障の原因になります。このように寒冷地では水道凍結対策を行わないと配管や水周り設備が故障し修理を行わなければならなくなります。

■まとめ
水道工事にはさまざまなものがあり、特に下水側の排水管での水漏れには注意が必要です。また冬の寒冷地での凍結にはトラブルを防ぐためにも水を落とすことを忘れずに行ってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ